だれにもバレずに浮気相手を探すなら

 

人妻&既婚男性に人気の出会いサイト

 

 

LINEは浮気がバレやすい!その5つの理由と対策方法

 

ども!人妻ゲッターひろきです。

 

最近はLINE(ライン)をコミュニケーションツールとして使っている人がほとんどだと思います。

 

しかし!このLINE、浮気相手とのやり取りに使うのはおすすめできないんですよね〜。

 

本命の女性に浮気がバレやすいんですよ。

 

いきなりスマホを見られたときに、非常にごまかしが効きにくいシステムになってるんですよね。。。

 

今回は、その5つの理由と、それでもLINEを使い続けたいというときの対策方法を教えちゃいますね♪

 

 

理由その1:トーク履歴・友だちリストを隠せない

LINEではトーク履歴を隠しておくことができません。

 

見られないようにするには消去してしまうしかないのです。

 

同じように友だちリストも隠せない仕様になってます。

 

非表示という機能はありますが、「設定」→「友だち」→「非表示リスト」で簡単に見れてしまいます。

 

あなたの浮気をすでに疑ってかかってる彼女・奥さんに対しては、非表示機能は何の役にも立たないでしょうw

 

 

理由その2:非表示の相手からもトークは受信される

トーク履歴をこまめに消し、不倫相手を非表示に設定していても、相手からメッセージが届けば受信してしまいます。

 

 

つまり、自分が読んで消すまでの間に見られてしまえばアウトだということ。

 

 

「履歴消したし安心だ」と余裕かまして風呂に入ってるあいだに、彼女に浮気バレ・・・というケースもありえます。

 

 

理由その3:送り間違えが起きやすい

Eメール以上に送信先間違いが起きやすいのがLINEです。

 

トークの消し忘れを含め、うっかりミスをしがちです。

 

 

理由その4:相手のLINEからは自分を消すことができない

トーク履歴や友達削除しても、相手のLINEにはこちらからの履歴は残ります。

 

浮気相手がバレたり、不倫相手とトラブルになるなどしたときに、証拠として残ってしまうリスクがあるといえます。

 

 

理由その5:ブロック削除すると再登録できない

これは本命がほかにいると浮気相手が知らない場合、要するに二股三股してる場合に厄介なケースです。

 

バレ防止のために相手をブロック→削除してしまうと、もう一度ID検索かバーコードで友達検索しないと再登録できません。

 

何度も再登録をお願いしてると、彼女いない=ウソ 独身=ウソ と完全に怪しまれてしまいます。

 

 

 

LINEで浮気バレしないための対策方法!

 

「非表示のオンナ、誰?」

 

怖いですね。。。

 

そんなことにならないように、LINEの浮気バレ防止策を伝授します!

 

 

通知オフは基本中の基本

まずロック画面のパスワード設定は必須です。

 

メッセージがロック画面に表示されないようにするのも基本中の基本。

 

さらに、通知センターもオフにし、バナーやダイアログもオフにしましょう。

 

最終的には、アイコン表示とサウンドのみという設定にしてしまうわけです。

 

これでも普段使いには困りません(多少不便ですが)。

 

バレる原因になる不必要な通知・表示はすべてオフにしてしまうが鉄則です。

 

 

非表示にするよりも男の名前に変える

浮気の疑いがかかっているなら、非表示リストに女性の名前があるのは疑惑を深める要因にしかなりません。

 

非表示にするよりも、相手の名前を男の名前に変えるのが得策です。

 

万が一友達リストを見られても、それが男の名前なら会社の同僚とか友達と言ってしまえばそれまでですからね。

 

 

トーク履歴はその都度削除

浮気相手とのトーク履歴は毎回、その都度削除です。

 

すでに書いたように、「自分が読んで消すまでの間に見られてしまえばアウト」なわけですが、消しておかないとバレ率はとんでもなく高くなります。

 

やらざるを得ませんよねw

 

そのときに、そのまま削除してしまうとどんな会話をしたか忘れるから困るという場合には、専用のGmailに送信しておくのもいいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

浮氣バレしやすいツールながら、便利で手放せないのがLINEです。

 

それに、LINE以外の連絡手段を面倒がる女性も多いので、もう手放せませんよね。

 

LINEはやめられない、浮気・不倫もやめられない・・・のであれば、今回紹介した対策法を駆使してみてください♪

 

 

不倫したいならオススメのサイト