セックスレスの華原朋美似人妻と月イチペースでホテルデートしてますw

 

 

僕は38歳の飲食店員です。

 

彼女はいるのですが、最近お互い忙しくて会う機会が減っていたのです。

 

そんなこともあり、夜の方もご無沙汰になっていたので出会い系サイトを開きました。

 

久々に開いたのですが、いきなり良い感じの方を見つけてメッセージを送ると即返信が。

 

話も進み、お互いの住んでいる場所のちょうど間にあるくらいの駅の近くの居酒屋で会うことになったのです。

 

相手の方は32歳の既婚者で、華原朋美がもう少し背が高くなった感じの女性です。

 

後腐れの無いように既婚者を選んだのですが、その彼女に何でサイトに登録したのかと聞くと、やはり旦那とセックスレスだということに。

 

これは居酒屋で長くいる必要はない、そう感じたのです。

 

彼女も同じことを思っていたのでしょう、僕の「もっと二人きりになれるところで静かなところに行きましょう」という言葉に即オーケーでした。

 

聞くまでもなくホテルへ。

 

 

 

 

近くのコンビニで買った缶ビールで軽く二次会の乾杯を。

 

居酒屋では彼女は二杯しか飲んでいないのにすでに真っ赤になっていました。

 

特に耳が赤かったので、いたずらで彼女の耳を優しく撫でたのです。

 

「ん、んん…」

 

彼女が少しくすぐったそうにしたので、今度は両耳を優しく愛撫してみることに。

 

「あん、だめだって、耳は弱いの」

 

反応からして本当に耳は弱いのでしょう。

 

それを知ったらもう攻めるしかないですよね。

 

今度は口で耳を舐めたり息をかけたりしながら彼女の反応を楽しみました。

 

「あ…いやん…」

 

悶えている姿に僕は興奮を抑えきれずに、彼女をベッドに押し倒してキスをしながらシャツのボタンを外すと、以外にも豊満な胸が目の前に。

 

服の上からではそこまでと思わなかったけど、これはEカップくらいあるでしょう。

 

続けてブラを外して乳首を舐めたり指でつまんだり、彼女はもう完全に身を僕に預けた様子です。

 

そのまま彼女のスカートを脱がして、下着の上からアソコを舐めると彼女はピクッと反応します。

 

「今夜は久しぶりなの?」

 

僕は聞くと静かに彼女は首を縦に振りました。

 

「じゃあ、今夜は今までの分楽しもうね」

 

そう耳元でささやいた僕は、びちょびちょに濡れている彼女のアソコに指を入れてGスポットを刺激しながらクリをクンニしてあげました。

 

「あ、ああん…それダメっ!イッちゃう!!」

 

彼女は腰を浮き上がらせるほどにそりながら、1分もしないうちにイってしまいました。

 

その後、ぐったりしている彼女のアソコに僕のギンギンのモノを入れて激しくいかせていただき、僕も昇天させていただいた次第です。

 

彼女とはその後もラインで連絡をとりながら、月に一回くらいのペースでホテルデートしています。

 

後腐れ無いようにと思っていたのに、お互いハマってしまいました。

 

出会いたいならオススメのサイト