【H体験談】西野カナ似の19歳JDとの不倫現場が嫁にバレそうになった

 

 

自分と嫁は高校生の時から付き合い、お互い同じ大学を卒業して別々の会社に就職し、社会人になりました。

 

そして、収入が安定した時点で結婚

 

ですが、自分は基本的に浮気性で、高校の時から社会人になるまでに数回嫁以外の女の子と浮気をしました。

 

浮気をする度に嫁にバレていたので長く関係が続かず、短期間の浮気で終わっていました。

 

その時になぜ嫁に浮気がバレるのだろうと友人に相談したら

 

「お前の考えが甘いから」とか「雰囲気でわかる」など色々と言われましたが、結論は「浮気相手を近場で済ましているからだ」という結論に。

 

確かに浮気をした相手は大半が大学の同級生か下級生でした。

 

今思えば、そりゃバレるわと思いますが、その時の自分はバレないだろうと思って浮気をしていたわけです。

 

 

 

結婚してからは嫁バレしなくなった

 

現在の自分は25歳の立派な(?)社会人なり、この浮気性がなくなったのかと言えばそうではありません。

 

会社の同僚の女の子や仕事先の女の子を飲みに誘い、酔った勢いで不倫をするようになりました。

 

しかし、結婚してからは嫁にバレることがなくなりました。

 

結婚してから自分に関心を持たなくなったのか、浮気性なことをあきらめたのかわかりませんが、一切口を出さなくなったのです。

 

 

 

出会い系サイトで知り合ったJDと自宅へ

 

ある日、仕事の外回りで家の近くに来ていたので昼飯食べようと思い、家に帰りました。

 

するとそのタイミングで、以前出会い系サイトで知り合った19歳の女子大学生から電話が。

 

出てみると「今すれ違ったので昼ごはん一緒に食べませんか」と言われたのです。

 

自分は家に帰るつもりだったので、ちょうどいいかなと考えて、自分の家へと誘いました。

 

お互いコンビニで買った弁当を昼飯に食べ、少しの間ダラダラしているといつもの浮気性が出てきてしまい、Hに誘いました。

 

その女の子とはピーシーマックスという大手出会い系サイトで知り合い、女の子も自分も不倫目的が合致し、ラブホで何回かHもしたことがあります。

 

Hの相性も合うので仲良く連絡を取っていました。

 

自分の誘いに向こうもその気になってくれ、布団を敷き、Hを始めました。

 

 

 

 

嫁が帰ってきて浮気相手とはち合わせ

 

しかし、お互いが裸になってこれから本番というところで鍵が開く音が聞こえてきて。

 

その瞬間に「今日早帰りする」って朝に嫁が言ってたことを思い出しました。

 

何回も浮気はバレてますが、さすがに現場(しかも自宅)を見られるのはマズイ。

 

素早く女の子に服を着るように指示を出し、自分も着替えて部屋を出ました。

 

嫁は自分がいることを知らなかったのでビックリした顔をしてから靴を見て「誰かいるの?」と言われました。

 

自分は「会社の同僚が昼飯一緒に食べようって言ってきたから家で食べてた」と言い訳。

 

嫁は「ふーん」と言いながら女の子がいる部屋に向かいました。

 

着替えきってくれていることを願いました。

 

嫁の声で「どーも、いつも主人がお世話になっています」と挨拶が聞こえたので何とかごまかせたかと思ったのですが・・・

 

その時に頭の中に浮かんだのは「布団をひきっぱなし」だったことです。

 

間違いなくこれは不倫がバレたと確信しました。

 

 

 

奇跡!浮気バレ回避に成功

 

部屋を覗いてみると布団は綺麗に片付けられていました。

 

後で聞くと女の子が機転を効かせてくれて、着替えた後に布団も片付けてくれたようです。

 

助かった〜と思い、嫁に会社に行ってくることを告げ、女子大生と一緒に家を出ました。

 

彼女に感謝を告げ、また会う約束を交わして別れました。

 

そのあとも何回かその不倫相手とHしていますが、まだ嫁にはバレていないようです。

 

不倫したいならオススメのサイト